顧客や企業から信用されるには|ISO27001を利用する

パソコン

役所での文書管理の必要性

システム

役所においても、意思決定は文書により行われますが、情報公開法の制定以来、開示請求に応じて文書を迅速に取り出す必要があります。また、文書管理により、業務に必要な文書を迅速に取り出すことで、業務の効率化も実現できます。このため、ほとんどの役所で、文書管理システムを導入しています。

もっと詳しく

リスク管理が必要な理由

男性

危機管理は、今やどの会社でも欠かせない事業です。何かトラブルが発生してしまった場合、起きてしまったことはどうにもできませんので、被害拡大の防止が危機管理の本質となります。事実の把握と迅速な対応が、鍵となります。

もっと詳しく

情報セキュリティ対策

男女

情報セキュリティ管理

近年、ISO27001を始めとするセキュリティへの取り組みに人気が集まっています。企業において情報というのは資産であると言えるでしょう。情報の取り扱いによって、そこから多くの利益を生み出すことができることもあれば、情報の紛失や漏えいによって企業に大きなダメージを与えることもある得る重要なファクターです。インターネットの普及によって、情報の収集・共有が非常に簡単になってきたものの、それと正比例するようにセキュリティに関するリスクも高まってきています。セキュリティのリスク管理に対する取り組みは、先進諸国と比較すると日本は周回遅れにあると言われています。セキュリティ会社の調査では、ネット取引を狙ったウィルスの約9割が日本をターゲットにしているという統計も出ています。こうした状況からISO27001のようなセキュリティに対する取り組みに、多くの企業の注目が集まっています。

リスクマネジメント

ISO27001は、セキュリティリスクマネジメントとしての指標であるISMSの具体的な方法等を規定したもの。ISMSでは、情報に対して機密性と完全性、可用性を維持することと、リスクに対しては適切な管理を行うことによって、利害関係者対する信頼を保持することを目標としています。ここで言う情報というのは、PCやサーバで保持されている情報データに限らず、人的資産やサービス資産等、情報を運用・メンテナンスするファクターをも含めた総合的な意味を指しています。ISO27001では、このISMSを確立しすることだけでなく、その運用においてPDCAサイクルを導入することが求められてきます。PDCAサイクルによって、情報セキュリティ運用を常にスパイラルアップする形で更新していき、日々変化するセキュリティリスクに対応することができるようにすることが必要となります。こうしたしっかりとした基準によってISO27001認証の取得は、企業の評価や信頼性に大きく貢献することができるものとなっています。

生産性を高めるIT機器

IT

IT機器の活用はビジネスで欠かせませんが、社内ネットワークの要であるルーターは生産性を大きく左右します。製品の選定や設定、運用には専門的なノウハウが必要なため、技術者がいなければ専門家に依頼するのが良いでしょう。

もっと詳しく