生産性を高めるIT機器|顧客や企業から信用されるには|ISO27001を利用する

顧客や企業から信用されるには|ISO27001を利用する

女の人

生産性を高めるIT機器

IT

社内ネットワークの要は

生産性向上のためのIT活用ももはや常識となっていますが、中小企業クラスではあまり意識されていないのがルーターの設定です。インターネットに接続するための機器だとばかり考えられがちですが、その機能を最大限に発揮することはできません。ルーターは、企業内のシステムを相互につなぐネットワークの要であり、外部との通信窓口でありセキュリティの門でもあります。たとえば、企業内でパソコン同士のデータのやり取りは、ルーターに接続されているパソコン同士なら無線でも簡単に行なうことができ、DVDやUSBメモリを必要としません。プリンタをネットワークに接続させていれば、ネットワーク内のどこからでも印刷が可能です。また、たとえ社外からだとしても適切な設定がされていれば、社内のネットワークにアクセスして必要な情報を取り出すことができます。今や多くの仕事はインターネットを利用して行なわれますが、ルーターのスループット性能は、通信回線の速度と共にインターネット経由の仕事の生産性に大きな影響を与えます。ルーターというネットワークの要の存在があってこそ、高度なビジネスは可能になると言っても過言ではありません。

専門家を活用するべき理由

ただし、ネットワークを多様に利用するほど、その負荷の予測や計算、そしてセキュリティ対策など多くの課題が出てきます。ですから、自社で担当できる技術者がいない場合は、専門家に製品選定から設定まで依頼するのが基本です。ルーターの設定はネットワークを理解している必要があると共に、後日のメンテナンスや緊急時の対応のために必要事項を書類にまとめておく必要があります。また、家電ショップでもルーターの購入はできますが、オフィスで多様に利用するにはスペック不足で、業務に耐えうる性能を備えたものを購入するべきです。ただ設定できればいいという考えでは、いざ使い始めてから業務の負荷に耐えられずに機器がハングアップを起こしたり、外部からの攻撃に対してセキュリティホールができてしまうこともあり、企業活動や企業価値にマイナス影響を与えてしまうことになります。